現金ラブ | ギフト券買取業者の評判を比較!

金額固定券とバリアブルコードどちらがお得なのか?

現金化をするにあたって人気の高い「iTunesギフトコード」と「GooglePlayギフトコード」ですが、現金化業者が好む券種とそうでない券種があるのをご存知でしょうか?今回は、現金化するなら知って損はない現金化業者事情をお伝え致します。

【iTunes・GooglePlay】バリアブルコードと固定券種の違いとは

「今日は〇〇円くらい現金化しよう」と考えた時、皆さんはどのようにギフト券を購入しますか?「購入するサイトで欲しい金額を設定して・・」と考えている方、お待ちください!それでは現金化業者に嫌われて、損をする可能性があります。  どういう事かと言いますと「iTunesギフトコード」や「GooglePlayギフトコード」は同じギフト券の中に2つの種類が存在します。大きく分けると「金額固定券種」と「バリアブルコード」ですが、この2つのどちらを購入するかによって現金化に大きく影響するかもしれません。

金額固定券

金額固定券

たくさんの販売サイトがありますが、ほとんどのサイトに「10000円券」「5000円券」「3000円券」「1500円券」という金額の券種が売られています。この決まった金額で販売されている券種「金額固定券」です。

バリアブルコード

バリアブルコード

金額固定券とは別に、ギフトコードの購入金額を自由に決められる券種があります。ほとんどのサイトは1500円~50000円の間なら1円単位で金額を設定できます。これが「バリアブルコード」です。

少しの手間が大きな得?

「金額固定券」と「バリアブルコード」のどちらが現金化業者に好まれるのでしょうか?それはズバリ・・「金額固定券」です!!!なぜかと言うと、世間一般的に「金額固定券」の方が人気があるからです。現金化業者だって「人気のある券種とそうでない券種のどちらを買取りたいか」と聞けば「人気のある券種」と答えるに違いないですよね。そういった事情から金額固定券をベースに買取りしている現金化業者が多い為、バリアブルコードを現金化できても振り込みまでに時間が掛かったり、中には「バリアブルコードは買取りません」という業者も存在するくらいです。せっかく購入したのに現金化できないなんてもったいないですよね。

購入のワンポイントアドバイス

金額固定券とは別の金額を現金化したい場合はどうすれば良いの?と思いますよね。その場合は足し算や掛け算をしましょう。
例えば・・

例1) 金額15000円の場合

金額固定券

【10000円券】+【5000円券】


例2) 金額50000円の場合

金額固定券

【10000円券】×5枚


例3) 金額17000円の場合

金額固定券

【3000円券】×4枚+【5000円券】


例4) 金額47000円の場合

バリアブルコード

【バリアブルコード 15000円券】
+【バリアブルコード 12000円券】
+【バリアブルコード 20000円券】
※こちらはバリアブルの例となるので要注意です


バリアブルコードしか買えないサイトで購入する場合は、金額固定券と同じ金額(10000円券、5000円券、3000円券、1500円券)を設定しましょう。金額固定券として現金化できるかもしれません。「なんだか面倒くさい・・」と思うかもしれませんが、せっかくギフトコードを購入しても「買取金額が下がる」「現金化できない」「中々振り込まれない」のは絶対に避けたい事態です。少しの手間をかけてでも「金額固定券」を買うことをお勧めします。

ソクフリに売却しよう

iTunesギフトコードやGooglePlayギフトコードの現金化は「金額固定券」が一番確実な現金化方法だということが分かりました。あとは現金化業者選びですが、iTunesやGooglePlayのギフトコードを現金化するならソクフリがお勧めです

ソクフリなら「特別レート」という高買取率が存在する!

ソクフリは現在10000円以下のiTunesGooglePlayの買取を強化しており、通常より高い買取率のお申し込みフォームが存在します。そのうえソクフリはiTunesやGooglePlayの金額固定券の振込速度がピカイチで速いので、iTunesやGooglePlayの金額固定券を利用する場合は一度試されてみてはいかがでしょうか?