現金ラブ | ギフト券買取業者の評判を比較!

ドコモの決済サービスにおけるご利用限度額って?

ドコモが提供している決済サービスをご存じですか?現金やクレジットカードとも違い、「スマホ決済」と言われ、利用者が急増している支払い方法です。加盟店も増え、「d払い」という文字を街中で見かけることがあると思います。まさにそれが、ドコモの決済サービスで、「d払い」と呼ばれています。それとは別で「ドコモ払い」というものも存在しています。ドコモが提供している決済サービスには2種類あり、それぞれに特徴があります。

今回はそれらふたつの違いと、それぞれの利用限度額について、詳しく解説していきたいと思います。

「ドコモ払い」利用限度額

「ドコモ払い」利用限度額

ドコモ払いは、ドコモユーザー以外の利用はできません

対応しているサイトでのショッピング代金や、アプリやゲームで課金した料金を支払うというように、支払いに利用できるのはネット上のみ。店舗での支払い時には利用できません。ドコモの携帯料金と一緒にまとめて請求されるものですが、ネットショッピングや店舗での支払いに使える「dポイント」を貯めたり使ったりすることはできません

1日の利用限度額は10万円までとなっていますが、限度額を10万円にするためには別途設定をする必要があります。上限設定をしない場合は5万円が限度額になります。また、携帯料金と合算して支払う以外にも、「ドコモ口座」の残高から支払うこともできます。

ドコモ払いは、ネットでしか使うことが出来ませんが、アプリのインストールやその他の設定をしなくてもいいので、簡単に使い始めることが出来るというメリットがあります。 普段の買い物では現金を使いたいけど、ネットで買い物をするときにコンビニやATM支払いに行くのはめんどくさい。という方にもおすすめです。

d払い利用限度額

d払い利用限度額

d払いは、ドコモユーザーでなくても誰でも入会金・年会費無料で使うことができる決済サービスです。はじめに「dアカウント」を作るだけで利用可能になります。決済の料金の支払いは携帯電話の利用料金と合算するか、クレジットカードでの支払いも選択できます。

ネットだけでなく、店舗でもどこでも、d払い加盟店であれば支払いをすることが出来ます。スマホアプリをダウンロードしておいて、店舗での支払い時にQRコードをかざすだけ、いわゆる「QRコード決済」サービスの一つで、支払いもとてもスムーズです。

d払いなら「dポイントを使う・貯める」こともでき、「dカード GOLD」のクレジットカードを持っていればポイント還元率が上がり、さらにお得に利用することができます。支払いに使うだけでdポイントを貯めることができるので、普段使いの支払い方法としてd払いを利用するのもおすすめです。

d払いの利用限度の最高金額は10万円となっていますが、利用限度額は携帯の契約期間によって決められます

ドコモ払い利用枠

年齢ご契約期間設定可能な利用限度額
19歳まで10,000円/月
20歳まで1~3ヶ月目10,000円/月
4~24ヶ月目~30,000円/月
25ヶ月目以降50,000円/月
80,000円/月
100,000円/月

携帯利用料金と合算払いの場合は、定められた利用限度額以上の利用はできません。しかし、クレジットカードで料金を支払う場合は、限度額以上の金額を利用することができます

支払い方法の変更

  1. d払いの設定画面の「お支払い方法」をタップ
  2. 支払いの設定をクレジットカードに変更する

さらに、ドコモが発行している「dカード」をクレジットカードの支払いに設定すると、dポイントが貯められます。

ドコモ口座」なら、最高50万円まで使用することもできます。

個人名義のドコモの回線契約、spモードもしくはiモード契約のどちらかの契約がある方が利用できます。

ドコモ口座の受入限度額は50万円となっていて、利用限度額はドコモ口座の残高の範囲内に設定されます。ただし、バーコード決済の場合は利用可能ポイントを持っていたとしても、最大利用限度額は1度に49,999円が上限になります。

決済の違いについて

ドコモ払いd払い
利用できる人ドコモユーザー誰でもOK
利用場所ネット店舗・ネット
dポイントキャンペーン時のみ貯まる貯まる・使える
支払い方法・電話料金と合算
・ドコモ口座利用
・電話料金と合算
・クレジットカード
初期設定不要必要

d払いなら支払い方法によって利用上限枠が変わってきます。dポイントが貯められるので、大きな買い物にも利用できるのは便利ですよね!自分に合った利用方法で、便利に支払いをしてみましょう!