現金ラブ | ギフト券買取業者の評判を比較!

amazonギフト券の有効期限はいつまで?

ネットショッピングをよく利用する方なら、もらえると嬉しいamazonギフト券。言わずと知れた大手インターネット通販サイトamazonで利用できるギフト券のことですが、今やどなたでも気軽に入手できる人気のギフト券になっています。そんなamazonギフト券ですが、利用するにあたってふと疑問に思うこともあるのではないでしょうか?例えば・・・

「amazonギフト券って有効期限はあるの?」

「有効期限を確認する方法は?」

「ギフト券の種類によって有効期限は違うの?」

などなど、特にamazonギフト券の有効期限については疑問が尽きません。まず結論から言えば、有効期限はあります!うっかりしていると、せっかくのamazonギフト券がただの塵と化す日が来るかもしれません。そんな悲しい事件が起こらないように、本記事ではしっかりamazonギフト券の有効期限について解説していきたいと思います。amazonギフト券をお持ちの上でamazonギフト券の有効期限に不安を抱いている方はぜひ参考にしていただければ嬉しいです。

有効期限は10年!

Amazonギフト券の有効期限は10年

冒頭でも述べたように、amazonギフト券には有効期限があります。2017年4月24日の発行分からamazonギフト券の有効期限は全種類10年間と定められるようになりました。それ以前に発行されたamazonギフト券についてはギフト券の種類により有効期限が1~3年と異なっていますが、期限が10年間に延長されることはありませんので注意してください(2020年6月現在、2017年4月24日より以前のamazonギフト券は全て有効期限が終了していると思われます)。

今現在発行されているamazonギフト券については有効期限が10年ということがわかりましたが、有効期限の始まりに関して勘違いしやすい罠があります。それは、有効期限の始まりは「発行したamazonギフト券をアカウントにチャージしてから」ではなく「amazonギフト券を購入してから」が始まりということです。

amazonギフト券の種類によって若干異なるので、詳細は下記を参考にしてください。

Eメールタイプamazonからメールが送信された時点から
E印刷タイプamazonからメールが送信された時点から
チャージタイプ購入(決済)が完了した時点から
封筒タイプ購入(決済)が完了した時点から
ボックスタイプamazonから発送された時点から
グリーティングタイプamazonから発送された時点から
商品券タイプamazonから発送された時点から
シートタイプamazonの規定により有効化した時点から
法人向けタイプamazonの規定により有効化した時点から

amazonギフト券を受け取られた時点で発行日などをよく確認してください。amazonギフト券の種類によっては発行日の記載が無いこともありますので、その場合にはamazonカスタマーセンターに問い合せをすることをオススメします。

有効期限の確認方法

Amazonギフト券の有効期限の確認方法
  • 既に自分のアカウントに登録し終えたamazonギフト券の場合

PCでの確認方法

  1. PCからAmazon公式サイトにログイン
  2. サイト上部にある「ギフト券」→「残高・利用履歴」をクリック
  3. アカウントに登録されているamazonギフト券が「有効期限ごとのギフト券残高」として一覧で表示されます。

アプリからの確認方法

  1. Amazonアカウントにログイン
  2. 「≡」のマークをタップ
  3. 一覧から「Amazonギフト券」→「ギフト券を管理」→「残高・利用履歴」をタップ
  4. 「有効期限ごとのギフト券残高」で日付(有効期限)と金額(残高)を確認
  • まだ登録していないamazonギフト券の有効期限を確認したい場合

「印刷タイプ」「メールタイプ」「シートタイプ」

実体のあるamazonギフト券には有効期限が記載されているので、実物をチェックしてみましょう。

「カードタイプ」

公式サイト発行やコンビニで購入など購入方法に関わらず、有効期限の記載はありません。
※レシートや領収書等で購入日を確認します。

「チャージタイプ」

Amazonアカウントに直接チャージされる物のため、有効期限の確認はAmazonアカウント内のみとなっています。

有効期限は延長できる?

最近入手したamazonギフト券であれば有効期限をさほど気にせずAmazonでのショッピングを楽しめるかと思いますが、うっかりしていると有効期限が迫っていたり、切れてしまうことも考えられます。ギリギリの場合には急いで使用すれば問題はありませんが、有効期限が既に切れてしまっていたという残念な事案の場合は潔く諦め・・・なくても良いかもしれません!条件次第ではありますが、有効期限が切れていても1年間延長する方法が存在します。その条件は以下の通りです。

・過去にAmazonアカウントで問題を起こしたことがない

・有効期限が完全に切れているギフトコードである

・延長の申し出が初めてである

以上の条件を満たしていれば、amazonカスタマーセンターへ連絡して有効期限の延長手続きができます。ただ、いくつか有効期限切れのギフト券を持っていて全部延長してもらおう!ということはできないと考えておいてください。基本的にこの方法は1回しか利用できません。また、有効期限が切れて1年以内の物が対象となっていますので、そちらも注意が必要です。

そして判断基準は問い合わせ先のAmazonのカスタマーによるものなので、この方法が100%の成功法ではありません。しかし90%ほどの確率で成功しており、残りの10%は何らかの形で上記の条件を満たさず断られることがあるようです。

Amazonカスタマーセンター問い合わせ先

フリーダイヤル:0120-999-373
有料電話番号:011-330-3000

チャットで問い合わせする場合

  1. Amazonアカウント内「ヘルプ」
  2. 下部「問題が解決しない場合は」
  3. 「カスタマーサービスに連絡」
  4. 「今すぐチャットをはじめる」

※現在Eメールでの問い合わせは行っていないようです

延長の利用は最終的な方法なので、いざ!という時に使ってみてください。それまでに定期的に「残高・利用履歴」を確認して、有意義にamazonギフト券を活用しましょう。