現金ラブ | ギフト券買取業者の評判を比較!

iTunesコードの 使い道

iPhoneユーザーの方であれば「iTunesコード」はお馴染みではないでしょうか?使ったことがなくても、どこかで聞いたことがあるという方もいらっしゃるかと思います。今やオンラインギフト券として地位を確立しつつあるiTunesコードですが、どう使えばいいかわからない!という方に、おすすめしたいiTunesコードの使い道をご紹介します。

そもそもiTunesコードとは、用途は同じですがコンビニや家電量販店で販売している現物のカード「iTunesギフトカード」とは異なります。iTunesコードはオンライン上で発行されるiTunesカードということになります。購入方法としては、 Apple公式サイトやdocomo・au・Softbankといった各キャリアのオンラインストアでの携帯キャリア決済で購入が可能です。

金額は「500円」「1,500円」「3,000円」「5,000円」「10,000円」といった金額指定のものと、500~50,000円で1円単位で金額が設定できるバリアブルコードがあります。購入したら Xから始まる16桁のiTunesコードが指定のメールアドレスに届くか、もしくは購入した携帯キャリアのオンラインショップの購入履歴で確認ができるようになっています。携帯の操作ひとつで購入ができるので、すぐ使用したい!という方にはわざわざお店に行く煩わしさもなく、大変便利です。

iTunesコードはこんなに使える!

itunes app種類

アカウントにチャージしたiTunesコードは様々な使い道があります。自分に合った使い道を探してiTunesコードを有効活用しましょう。

App Storeで有料アプリを購入

App Storeにはゲームや便利ツール等様々なアプリがあり、中には有料のアプリも存在します。有料アプリを購入する場合は自分のアカウント内にあるiTunesコード残高を使って購入することになります。

ゲームに課金

無料のアプリを利用していてもゲーム内コンテンツの購入が有料だったりする場合もあります。そんなときもiTunesコード残高を使って購入することができます。

LINEに課金

基本的にiTunesコードはAppleが提供するサービス等で使用することが多いですが、チャットアプリ「LINE」内で、スタンプや着せ替え等のコンテンンツの購入にも使用できます。iTunesコード残高でLINEコインを購入してから使うという流れになります。

iTunes Storeで映画や音楽を購入

iTunes storeでは映画・音楽を販売しておりチャージしたiTunesコードで購入することができます。映画はレンタルすることもできるので安い値段で映画を見ることが可能です。

AppleMusicで音楽を購入

Appleが提供している定額制の音楽ストリーミング配信サービスです。月々980円で約6000万曲の中から好きな音楽を聴くことができ、その支払いをiTunesコードで行うことが可能です。

iBookStoreで本を購入

「ブック」のアプリを立ち上げるとブックストアを見ることができます。電子書籍のサービスとなりますので、今から電子書籍の購入を考えている方にはおすすめできます。

現金化も…

itunes現金化

プレゼント等で貰ったものの使い道がなく、欲しいアプリや音楽もない。といった場合はiTunesコードの現金化がオススメです。現金化と聞いて真っ先に思い浮かぶのは金券ショップではないでしょうか?実は、iTunesなどのギフトコードを買い取りしている金券ショップは全国的に見ても数少なく、買い取りを行っていても厳しい条件が提示されていたり、条件に満たさない場合は買い取りを断られてしまう可能性もあります。

そんなときにオススメしたいのがギフト券買取サイトです。
インターネットから申し込みを行いギフトコードの送付ができたら、あとは入金を待つだけで難しいやり取りや厳しい条件などはありません。24時間営業を行っている買取サイトもあるので、急に現金が必要になった場合でもいつでもどこからでも申し込みを行うことができます。個人売買の場所としてはヤフオクなどのオークションサイトに出品し現金に変える方法も存在します。しかし、個人でギフト券の売買を行うには様々なリスクが存在し、あまりオススメできる現金化方法ではありません。買取サイトもたくさん存在しますが法人営業しているところは間違いなく安全だと言えますので、使用予定のないiTunesコードは売却してみてはいかがでしょうか?ただし、一度チャージしてしまったギフトコードは中身のないものとなり有効性が無いものは買い取りをしてもらえません。チャージされていない有効性のあるギフトコードを売却しましょう。