現金ラブ | ギフト券買取業者の評判を比較!

ギフトコードとは

ギフトコード」と一括りにしてしまいがちですが「iTunes」、「GooglePlay」といったようにギフトコードにも様々な種類が存在します。ギフトカードやギフトコードと呼ばれる違いですがギフトカードはコンビニなどで販売されているカードタイプのギフト券のことを指します。オンラインで購入した場合、カードは郵送で送られてくるのではなく、ギフトコードが発行され指定したアドレスなどに通知される、もしくは購入履歴に表示されます。文字通り「ギフト」として指定したメールアドレスに贈ることもできるため、近年では友人へのプレゼントとしても使われるようになりました。そんなギフトコードですが購入したギフトコードがどこで使えるかは決められています。商品券にも対象店舗があるように、ギフトコードにも使える対象が存在するということです。ここで使いたかったのに購入するギフトコードを間違えてしまった…といことがないように、どこで、どのギフトコードが使えるのかチェックしていきましょう。

ギフトコードの種類

ギフトコードの種類

iTunesコード

iTunes StoreやApp StoreをはじめとするAppleのオンラインストアでのみアプリ・ゲーム・音楽・映画といったコンテンツ購入や有料アプリの課金コンテンツなどで使用することができます。iTunesコードはXから始まる16桁の英数字で構成されています。

GooglePlayコード

GooglePlayストアで販売されているアプリ・ゲーム・音楽・映画といったコンテンツを購入する際に使用できるギフトコードです。主にAndroidユーザーが利用しており16桁の英数字で構成されています。

Amazonギフトコード

Amazon公式サイトのお買い物でのみ利用できるギフトコードです。Amazonの公式サイト内では3億点以上の幅広い商品が販売されており、日用品・生鮮食品・家電・車・衣類といったものまで買い揃えることができます。ハイフンを含んだ16~17桁の英数字で構成されています。

ニンテンドープリペイドコード

SwitchやWiiなどの任天堂ゲーム機のダウンロードソフトの購入や追加配信などの課金コンテンツ等に使用できるギフトコードです。16桁の英数字で構成されています。

プレイステーションストアコード

PlayStationのオンラインサービスであるPlayStation Storeでダウンロードソフトの購入や、会員の利用権購入・更新で使用することができます。12桁の英数字で構成されています

楽天ポイントギフトカード

楽天市場のお買い物や、楽天市場加盟店で使用することができるギフトカードです。オンラインでのコード発行を行っていないためコンビニなどの実店舗でギフトカードを購入することができます。購入した日から半年と有効期限が決まっているため注意が必要です。10桁の英数字で構成されています。

間違えて購入してしまったら

ギフト券買取

様々な種類があり間違えて購入してしまった。という場合に基本的には返品・返金してもらうことはできません。Amazonや楽天コードであれば日用品の購入もできることから「使い道がない」というケースは少ないと思いますが、それ以外のギフトコードは日用品などの購入ができません。iTunesコードをAmazonで使うといったことはできませんが、一度換金して現金にすることで間接的に他のサービスへ利用することが可能になります。金券ショップでギフトコードの買取は行っていませんが、ギフト券買取サイトを利用することで24時間好きな時間にどこからでも申し込みをすることができます。プレゼントで貰ったけど使わないギフトコードや、間違って購入してしまったギフトコードをお持ちの場合は、一度買取サイトの利用を考えてみてはいかがでしょうか?使わないまま放置しておくのであれば換金してしまうのがオススメです。買取サイトによっては買取を行っていないギフトコードもありますが、当サイトがオススメする「ソクフリ」は業界の中でも多数のギフトコードを取り扱っています。

ただし、購入したギフトコードが10000円分だった場合、10000円分すべてが戻ってくるということはありません。少なからず損をしてしまうことになるので、まずは間違えて購入しないように十分注意しましょう。