現金ラブ | ギフト券買取業者の評判を比較!

もらった商品券を換金するとバレるのか?

商品券の換金をしてみたいけど、「商品券の換金をしたいけど不安だ」「危なそう」と悩んでいるかと思います。「現金化」と聞くと抵抗があるかもしれませんが、要は商品券をリサイクルショップで不要品として売るような感覚と同じですので、心配はありません。それでも「バレる可能性」について心配に思う方もいるでしょう。そこで、今回紹介するのは商品券換金がカード会社にバレるのか、もらった商品券を換金したときの税金は?という点です。こういった悩みをスッキリと解消させてから、商品券の換金に臨みましょう。

このような買取業者は「古物営業法」と呼ばれる法律のもと、許可を得た業者だけが営業できます。営業をするためには都道府県の公安員会の許可を得る必要があるわけですね。「金券ショップ」と看板を掲げて営業している以上、業者に違法性はありません。つまり、古物商許可に乗ってやり取りをする以上、商品券の売買は法律で許された範囲内と言えます。ゆえに、商品券の売買は法律上全くもって問題とされていません。商品を売るためには古物商許可が必要でしたが、未成年は商品券を中古品としてやり取りすることはできません。また、身分証の提示は法律で定められているのです。金券ショップに行くと「未成年はダメ」「身分証見せて」など言われますが、法的に定められていることなので安心しましょう。

ギフト券買取業者を徹底比較

商品券を売るとばれるのか?

商品券を売るとバレる

ご安心ください。商品券の換金がカード会社にバレるということはあり得ません。
確かに、カード会社は現金化などを「不正利用」とみなして、怪しい取引履歴がないか確認しています。しかし、取引履歴と言っても、カード会社が知ることができる情報は「カードを利用して商品を購入した履歴」だけです。「カードを利用して購入した商品を売った履歴」など知る由もありません。ただし、注意すべきことはあります。購入履歴からある程度現金化の事実は推測可能です。例えば、短期間に「換金性の高い商品」ばかりを購入していると現金化目的の利用を疑われます。

換金が推測されやすい条件とは

1.商品券を大量に購入している

商品券を大量に購入している方は、換金目的の購入ではないかと疑われてしまいます。商品券は換金率が高いため、クレジットカード会社などは特に購入を見張っています。一度に大量に購入するのは控えた方がいいでしょう。

2.信用情報が低い方

過去にクレジットカードの支払いを滞納したり、債務超過に陥ってしまっている人は信用情報が低く、商品券の換金行為を行う可能性が高いと判断されています。過去に金融事故を起こした方は、ご注意ください。

3.クレジットカードで商品券を購入している

換金目的にクレジットカードで商品券を購入し、それを換金するという行為は「クレジットカード現金化」にあたります。ほぼ全てのカード会社がクレジットカード現金化を禁止しており、商品券の換金がバレてしまう可能性がございます。

商品券を換金する際の注意点

1.少額の購入に留める

商品券を大量に購入すると、クレジットカード会社に換金行為が疑われてしまいます。商品券を購入する際には、数千円程度の少額の利用に留めることをオススメします。

2.少額の購入に留める

どうしてもクレジットカード現金化に商品券を利用したい場合は、複数枚のカードを用意し、それぞれ少額分だけ商品券を購入するといいでしょう。なお各カードの購入分は5000円以内に留め、絶対に支払いを滞納しないでください。

商品券を換金したことがバレる心配はありませんが、カード購入履歴次第では商品券換金がバレる可能性があるので注意しましょう。

ギフト券買取業者を徹底比較

もらった商品券を換金すると税金がかかる?!

商品券を換金すると税金かかる

もらってうれしい商品券ですが、お釣りが出ないタイプがあるなど意外と使い勝手が悪いというのも事実です。そんな時は、金券ショップやギフト券買取業者に持ち込んで換金したり、ネットオークションに出品するという手もあります。商品券、ギフト券の類は2重課税を防ぐため、基本的に全て非課税になっていますので、税金のことは気にする必要はございません。よって金券ショップやギフト券買取サイトの全額表示はほぼ非課税となっております。

amazonギフト券の換金は税金の対象?

これからamazonギフト券を買取に出そうとしている方、もしくはこれまでにamazonギフト券を換金し現金化した方の中にも税金の問題について考えた事がある方もいるのではないでしょうか。amazonギフト券は大量に購入して換金する事も可能なので、売却して現金を得ているなら『税金の支払対象に該当するのでは?』という疑問が生まれるのではないでしょうか。結論から申し上げると、amazonギフト券を利用した現金化に関しては、基本的に税金のことを考える必要はありませんamazonギフト券の換金は税金の対象にはなりません。もし、これを商売だと考えた場合、購入したamazonギフト券の額面は、換金された現金よりも大きいので、基本的に売却に出した本人は「赤字」となります。実際に行なった換金行為で利益が出ていない場合には、税金を支払う必要はありませんので、換金したお金が目減りする問題は起こりません。

もらったギフト券を換金した場合は?
amazonギフト券を安く仕入れて、その額面より多く現金を手にした場合は?

この場合でも税金については気になさらずとも問題ありません。お手元にあるamazonギフト券の額面は、同じ金額を支払って購入したものであるのが基本です。例外を除き『額面=購入額』であるはずなので、買取業者を利用して換金した場合、ギフト券の額面よりも少なくなるのが基本です。100%の換金率だと利益はなくなってしまうので、買取業者はamazonギフト券の買取額をギフト券の額面よりも低い金額に設定し、利用者の手元には購入額よりも少ない金額が手元に残ります。amazonギフト券の換金等、現金化サービスを利用する方はマイナスになるので、税金を支払う必要はありません。

商品券は換金率が高いため、換金してお金に換えようとお考えの方は多いでしょう。しかしながら商品券を換金するという行為は、amazonやJCB等の様々な会社の利用規約では禁止行為とされています。
商品券の換金がバレてしまうと、

  • 強制退会
  • サービスの利用停止

といった処分が課せられてしまう可能性があります。不必要に商品券を購入したり、クレジットカードで商品券を購入すると換金行為が見咎められてしまいますのでご注意ください。