現金ラブ | ギフト券買取業者の評判を比較!おすすめ業者をご紹介!

QRコード決済・バーチャルカードの種類を徹底解説!

キャッシュレス決済が浸透している現在では、「QRコード決済」などを利用する場面が増えてきているのではないでしょうか。

簡単かつすばやくスマートに支払える方法ですが、「QRコード決済」だけでもいくつもの種類があり、特にキャッシュレス決済することによって「キャッシュバック」や「ポイント」付与される種類等もあります。

同じ「QRコード決済」をするにしても、よりお得に自分に合ったものを利用したいですよね。どれを利用することによってご自身により合った使い方ができるのかを理解してもらうべく「QRコード決済」について、より詳しくご紹介していきます。

また「バーチャルカード」というクレジットカードと同様の使い方でお支払いすることのできるカードの一つですが、既にご利用されている方・聞いたことはあるけどよく認知していない方や初めて聞いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。「バーチャルカード」とはなにかについてご紹介していきたいと思います。

QRコード決済とは

「QRコード決済」とは、QRコードを用いた電子決済システムの一つです。現金を持ち歩かなくても支払えることのできる「キャッシュレス決済」の一つです。クレジットカードやデビットカード等をアプリに紐づけることによって、決済時コードの読み込みをするだけで決済ができて、かつ口座から自動的に利用額が引き落とされる仕組みとなっています。

ご利用するにあたって、事前チャージが必要となる「プリペイド型」と後日まとめて支払う「ポストペイ型」の2種類があります。

「事前チャージ」や「即時払い」の方法がある「プリペイド型」では口座に残高がある状態でなければ利用することができません。

事前チャージ

その名の通り連携した金融機関口座または登録したクレジットカード等からのチャージや、コンビニ店頭のATMを用い現金等によるチャージをする必要があるものです。

即時払い

決済と同時にクレジットカードや銀行口座から引き落とされるものとなっています。 もう一つの「ポストペイ型」では、口座に残高がなくても後日支払いで利用することができる方法です。これは「後払い」でクレジットカードの支払いと同様に、利用分をまとめて請求されるものです。

利用される方それぞれのニーズに合わせて使用できるようになっています。そして実際「QRコード決済」を利用する際の決済方法としては、「ストアスキャン方式」と「ユーザースキャン方式」の2種類があります。

ストアスキャン

決済時にアプリ内で表示させた「QRコード」を店舗側に提示し読み取ってもらうことによって決済できる方法です。

ユーザースキャン

店舗側が提示する「QRコード」を読み取り、ご自身で決済金額を入力後、金額に間違いがないか店員の確認を得たのち「確認ボタン」を押すことによって決済ができる方法です。

簡単に支払えることから利用している方も多いかと思いますが、メリットとしては利用するアプリによって「キャンペーン」等をしており、その期間内かつ利用条件を満たしていれば誰でも決済するたびに「キャッシュバック」や「ポイント」が付与され、現金で支払うよりお得になっています。

そんな「QRコード決済」ですが、アプリ側に利用履歴が残りいつでも確認がとれることから、領収書がなくてもどこでなにに幾ら使ったかすぐに把握することが可能です。 ですが、決済方法を電子化にすることによって、セキュリティ面で気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「QRコード決済」では、アプリ側に表示する「QRコード」はワンタイム仕様であり発行されたコードは限られた短時間で尚且つ一度しか決済が通らない仕組みとなっています。一定時間経過すると、リロードするか強制的に新しいコードが発行されるようになっています。また、万が一スマートフォンを落とした際、それぞれのカスタマーセンターへ電話をすることで、すぐに利用停止が可能です。

また、スマートフォンのロックを解除しなければ利用することができないことからスキミングの可能性は低く安心してご利用できるかと思います。

バーチャルカードとは

バーチャルカード」とは、クレジットカードと同様の使い方でお支払いすることができる決済手段の一つです。

クレジットカードとは違い前払い(プリペイド式)となっているので、事前にチャージする必要があります。(一部後払いもあり)

初めからチャージをする額や決済の上限が低く設定されているので使い過ぎてしまう心配はありません。なお一日あたりの決済金額に上限が設けられているので、上限を上回る支払いに利用する場合には注意しなければいけません。

また、プラスチックカードは発行されず、磁気やICカードではないので一般のお店(実店舗)では使用することができません。ですので、ネット上(オンラインショッピング)のみのお支払いに限り利用することができます。

そして「バーチャルカード」も国際ブランドが指定されているので、クレジットカード同様、それぞれに対応しているお店であればお支払いができます。お申し込みの手続きはネット上で簡単にでき、基本的にカード審査がないので即座にカード情報が発行され即時利用することができます。

また、ポイント還元を受けられるものもあるのでバーチャルカードを選ぶ際は、同じ決済方法でも還元率の高いものを利用するのがおすすめです。

QRコード決済の種類

「QRコード」決済といっても、ひとつのアプリに限らず現在では様々なアプリの「QRコード」決済が可能となっています。このような決済方法で自身に一番合うものを見つけてもらうために、どのようなアプリでご利用できるのか「QRコード」決済の主な種類のものをご紹介していきます。

PayPay

ペイペイ
  • 一度にチャージできる金額:最大50万円迄
  • クレジットカード・デビットカードどちらでも登録可能
  • ポイント還元がある
    → 利用に応じて一定額のポイント還元
    【PayPay残高】【ヤフーカード】で
    支払いした場合のみ対象
    ポイント付与率1.5%
    付与上限月々15000円相当(合算)
    付与上限一回につき7500円相当(50万円までの買い物に限る)
  • 【マイナポイント】が貯まる
    マイナポイントとして「チャージ額」または「利用額」の25%が付与(最大5000円相当)
  • PayPayアカウントを持っている者同士で送受金可能(海外送金不可)

LINE Pay

ラインのLINEPay
  • 現金チャージ可能(銀行口座やクレジットカードがなくても利用できる
  • JCB加盟店で使えるプリペイド式カード発行可能(残高範囲内のみ)
    オンライン決済用のバーチャルカードと実店舗で使えるプラスチックカードの2種類の併用が可能
  • プリペイドカードの場合「年会費無料
  • 【チャージ&ペイ】で後払い可能
    「LINEPayクレジットカード(VISA)」を登録する必要あり
  • 満18以上かつ審査に通る必要がある(未成年者は親権者の同意が必要)
  • 年会費 税込1375円※初年度無料
    2年目以降も年1回以上のクレジット払いでのお買い物で翌年年会費無料
  • 【チャージ&ペイ】
    ポイント還元率一律0.5%
    LINEポイント還元率2%
    特典クーポン枚数制限なし
  • 家族カードあり

楽天ペイ

楽天市場の楽天ペイ
  • ポイント還元率0.5%(1ポイント=1円)
  • <楽天カードでチャージした場合>
    購入価格の1%還元
  • 通常還元と楽天カード併用で最大1.5%ポイント還元のポイント二重取り可能
  • 楽天ポイントでSuicaのチャージ可能
    チャージ200円につき1ポイント貯まる
  • クレジットカード経由の後払い式と即時決済の選択可能(途中で切り替えることも可能)
  • <1回あたりの利用上限額>
    50万円まで(1回の支払いに使える最大金額には個人差がございます。)
    <1ヵ月の利用上限額>
    設定しているクレジットカードの利用可能枠内まで
  • マイナポイントに楽天ペイを選択、支払いでマイナポイントとして楽天ポイント付与
    【上限5000ポイント】かつポイント払いも可能
    お支払額上限20000円分まで
    マイナポイントと楽天カードでチャージまたは楽天キャッシュ払い選択かつ楽天ペイで支払いするとポイント還元率26.5%

d払い

ドコモのd払い
  • d払い決済で200円につき1ポイント付与
    貯まったポイントで支払いも可能(実店舗でのコード決済は最大99,999円まで)
  • dポイントカード提示かつd払い利用のお支払いでポイント二重取り可能
  • ドコモユーザーのみ利用可能でご利用料金は携帯料金と合算される(未成年の場合電話料金合算払いの利用上限度額1万円/月まで)
  • QRコード決済
    1回のご利用上限額49,999円まで(カード枠・口座残高による)

auPAY

auのauPAY
  • 通常の還元率
    200円につき1ポイント還元
    【還元率0.5%】
  • auスマートパスプレミアム会員
    200円につき3ポイント還元
    【還元率1.5%】
  • 1回のご利用上限額
    最大250,000円まで可能
    ※1日あたり総支払額は250,000円を超えても利用可能
  • じぶん銀行の口座があれば送出金可能
    (オートチャージ・出勤サービスの申し込む必要あり)
    じぶん銀行の口座・ポイント・auショップ・ローソン・セブン銀行ATMから現金チャージした分のみ(auかんたん決済・クレジットカードでチャージした残高は送出金不可)
  • <セブン銀行ATMの場合>
    1回のチャージ限度額
    最大500.000円まで
    ※その他の場合は最大45,000円まで

メルペイ

メルカリのメルペイ
  • 通常時ポイント還元なし
    ※キャンペーン期間中などのポイント還元あり【最大50%還元など】
  • <支払い用銀行口座登録済みの場合>
    利用上限
    1日1回あたり100万円まで
    1ヵ月合計300万円まで

    <支払い用銀行口座未登録の場合>
    利用上限
    1回10万円まで
    1日10万円まで
    1ヵ月10万円まで
  • チャージの種類
    チャージ方法チャージ限度額(1日)
    各銀行口座20万円まで
    セブン銀行ATM99000円まで

    ※メルペイ残高100万円以上の方は追加チャージ不可
  • Apple Pay内からsuicaへチャージが可能
  • コード決済のみならず、電子マネーサービスの「ID」にも対応。このマークがある店舗であればお支払い可能

FamiPay

ファミリーマートの後払い決済ファミペイ
  • <クレジットカード決済>
    「ファミペイ」のスマホ決済サービスを利用するにあたって、様々なチャージ方法がある中でクレジットカードを登録することでクレジットカードからチャージすることができます。
    この方法を利用するには本人認証サービスの登録が必要です。「会員専用ネットサービス」から登録完了し利用したいクレジットカードの登録も完了すると、ホーム画面から「チャージ」をタップで「クレジットカードでチャージ」を選択で簡単にチャージすることができます。オートチャージを設定すると、自身でチャージする必要はなく「オートチャージ判定金額」を入力すると、その金額に達した際に自動でチャージされます。いずれにせよ、店頭等に行かずにスマートフォン一つでチャージ完了できる点がより使いやすくなっています。
  • <後払いの翌月払い決済>
    「ファミペイ」の新たな決済サービスとして「ファミペイ翌月払い」があります。
    これは後払いとなる為、銀行口座を登録する必要があります。利用金額は、一ヶ月の利用分を翌月以降にまとめて引き落とせる仕組みとなっています。翌月支払いであれば、手数料無料で利用できます。また、「スキップ払い」があり支払額の合計が一万円(税込)であれば、翌々月以降に支払いを延ばす事ができます。スキップ支払いでは手数料がかかります。(繰り延ばす月によって異なる)
    「翌月払い決済」の利用可能上限金額は顧客ごとに異なりますが、最大10万円まで利用する事ができます。利用するにはお申込みが必要なので、サービス一覧から「ファミペイ翌月払い」を選択し本人確認・銀行口座の登録を行ったうえでお申込みをし、審査完了後利用できます。
    また、通常の「ファミペイ」支払いと同様に「ファミペイボーナス」やポイントも貯まります。これも、事前にチャージ不要でまとめて支払うことができるので手間が省けます。

バーチャルカードの種類

「バーチャルカード」とは、クレジットカードのようなカードを持つことなくカード決済ができる決済方法の一つです。
バーチャルカードは、プリペイドタイプ(前払い)とクレジットタイプ(後払い)の二種類があり、クレジットカードと同様に16桁のカード番号が発行され「VISA」や「JCB」等の国際ブランドが付与されます。

国内・海外問わず、各国際ブランドの加盟店であれば利用することが可能です。
お申込み手続きは基本的にインターネットで簡単にでき、手続き後即座にカード情報が発行されるので即時利用できる点がメリットの一つでもあります。一般的に年会費が無料なものが多いですが、中には年会費・維持費がかかるものもあるのでお申込みする際には確認する必要があります。

バーチャルカード利用時に、カード情報の氏名が各バーチャルカードユーザーになり、匿名でサービスや商品を購入可能なので、本名などの個人情報の漏洩が心配な方でも安心して利用できます。

また、クレジットカード同様にポイントが貯まるものが多く貯めたポイントは商品券やアイテムと交換や支払いに利用したりすることもできるので、バーチャルカード選ぶ際は同じ決済方法でも還元率の高いもの利用するのがおすすめです。

メルペイ

メルカリのメルペイ
プラスチックカード発行無し
磁気ストライプやICチップがないので実店舗での利用はできない為、オンラインショップでの決済に限り利用することができます。

まとめ

QRコード決済」や「バーチャルカード」について詳しくご紹介させていただきました。現在では「キャッシュレス決済」が流通してきている中で、「QRコード決済」はそのうちの一つであります。「QRコード決済」ができるものは、一つに限らず様々な種類がある中で、どの種類のものを使って決済するのが一番お得なのか、そしてご自身に合った決済ができるものはどれか選定する必要があります。

同じ額を現金でお支払いするよりも、「キャッシュレス決済」で支払いすることによって「ポイント」が付与されたり「キャッシュバック」されたりとお得になっているので是非機会があればご利用してみてください。

「バーチャルカード」についてもご紹介しましたが、いくつかの注意点を考慮しながら上手に利用することで便利に使用することができるのではないでしょうか。特にオンラインショップのみのご利用となるので、インターネットショッピングを頻繁にご利用される方は、申し込み後即時利用が可能なのでご利用を検討してみてはいかがでしょうか。 ぜひ自分にあった「QRコード決済」や「バーチャルカード」をみつけて、決済方法の一つとしてご利用してみてください。

\ CLICK /

ギフト券買取業者おすすめランキング