現金ラブ | ギフト券買取業者の評判を比較!

ケータイ払い現金化は違法なのか?

docomo、Softbank、auと、どのキャリアのユーザーでも、契約しているだけでケータイ払いを利用することができます。これはキャリア決済とも呼ばれていて、ショッピングなどの支払いができ、翌月の携帯電話の利用料金と一緒に請求されるシステムです。利用限度額も10万円ほどと、クレジットカードよりも低めの設定なので、使いすぎてしまって支払いに困らない面倒な審査が無いといったところが特徴です。

この便利なケータイ払い、いわゆるキャリア決済を使った現金化をする方が急増しているようです。たしかに急に現金が必要なときにはとっても役に立つ方法かもしれないですね。気になるけれど、ケータイ払いの現金化とは?違法性は?安全に利用できるのか?さまざまな疑問を解決していきましょう!

ケータイ払い現金化のリスク

ケータイ払い現金化のリスク

そもそもケータイ払いの現金化とは

キャリア決済を使って商品を購入し、それを買取業者に買い取ってもらうという方法です。近年では互換性の高い商品としてさまざまなギフトカードを買い取っている「ギフト券買取業者」を利用するのが主流になっているのではないかと思われます。

ケータイ払い現金化は違法か?

これについては、違法ではないといえるでしょう。自分のケータイ払いで購入した商品を売却しお金に換える、一般にリサイクルショップなどを利用するのと同じ形態をとっているので、違法にはならないというわけです。

「現金に換金することを目的として、キャリア決済で商品を購入する行為」の禁止

違法しているわけではないとはいえ、多少のリスクがあるという事は理解しておかなくてはいけません。携帯電話会社の利用規約には、換金目的のケータイ払いの利用を禁止しています。利用規約で禁止されているので、携帯電話会社に現金化している事実を知られてしまうと、最悪の場合、強制解約されてしまう恐れがあります。

携帯電話が持てなくなるのは大変なリスクです。それ以外にもキャリア決済枠が制限されたり使えなくなったりする恐れもあります。

悪徳な現金化業者も存在している

悪徳な買取業者を利用してしまうとホームページなどで表記している買取率から、不明瞭な手数料を差し引かれて、思っていた金額よりかなり少額になってしまう場合があります。現金化を依頼する業者も優良とされる業者を選びましょう。

ケータイ払い現金化がバレる可能性は?

ケータイ払い現金化がバレる可能性は?

キャリア決済の現金化が携帯電話会社に知られてしまうリスクは分かりました。しかし、それが携帯電話会社に実際ばれてしまうことはあるのでしょうか? 答えは、ほぼ無いと考えられます。

なぜばれることはないのか

商品の購入にキャリア決済が使われているのは常日頃行われていることで、携帯電話会社からすれば、怪しむ理由が無いからです。たとえば、自ら申告したとすれば確実に知られてしまいますし、処罰を受けることになるでしょう。しかし自己申告さえしなければ「ほぼ現金化がバレる要素がない」と言えます。

支払期日は守る

キャリア決済を現金化しても、翌月にはその分の支払いが必ず来ます。その時に支払いを延滞するようなことがあれば、ブラックリストの対象になり調査の目が厳しくなってしまいます。そんなときに換金しやすいような商品を購入していると換金目的ではないかと疑われてしまうというわけです。

いかがでしたか?簡単に利用できるケータイ払いの現金化ですが、違法ではないとはいえ、リスクがあります。利用規約違反になりかねないので、どうしても緊急という場合にだけ利用するのが良いでしょう。翌月の支払い計画を立てて、自分の支払い能力に見合った利用を心がけましょう。