現金ラブ | ギフト券買取業者の評判を比較!

auウォレットって?

auウォレットとはauブランドを展開するKDDIが提供している電子マネーサービスで、以下4つのサービスから成ります。

  • プリペイド式のau WALLET プリペイドカード(※au PAY プリペイドカードへサービス名称変更)
  • クレジット機能がついているau WALLET クレジットカード(※au PAY カードへサービス名称変更)
  • インターネットショッピングサイトのau WALLET Market
  • ポイントサービスのau WALLET ポイントプログラム

それぞれのサービスで使った金額に応じてauWALLETポイントが付与されるシステムで、例えばau WALLETに対応している店舗での買い物200円ごとに1WALLETポイントauの携帯料金支払いやauひかり等の利用代金でも1000円ごとに10ポイント貯まります。

auユーザーの方は携帯電話を使用するだけでもポイントがどんどん貯まり、お得に利用できます。これらのポイントは合算して1ポイント=1円分として、au WALLETカードもしくはau PAYにチャージして、次の買い物等に使うことが可能となります。

au WALLETポイントプログラムでは、WALLETポイントの貯め方や使い方等細かく説明が掲載されており、これからauウォレットを有効利用しようとお考えの方には強い味方となりますので是非チェックしてみてください。

auウォレットへのチャージ

auウォレット チャージ

auウォレット残高へのチャージ方法はいくつかあります。

auショップ

auショップ内に設置している「au SaKuTTO」と手持ちのauウォレットを使ってチャージができます。※一部設置していない店舗もあります。

ローソン

  1. レジにてauウォレットのチャージの旨を伝え、金額を指定
  2. auウォレットをカードリーダーにスライド
  3. 金額を確認して、承認ボタンを押す

チャージできるのは現金のみです。カード表面左上に記載している「Mastercard プリペイド」を下にしてカードをスライドしてください

セブン銀行ATM

  1. セブン銀行ATMの画面で「スマートフォンでの取引を選択
  2. 出てきたQRコードを読み取り、次へ
  3. 読み取ったQRで出てきた企業番号をセブン銀行ATMへ入力
  4. 取引金額を選択して紙幣を投入

※ATMにauウォレットを挿入して入金する方法もあります

au WALLET サイト、au PAYアプリでチャージ

  1. トップ画面の「チャージ」または「チャージ(入金)」でチャージ画面表示
  2. チャージ方法を選択※それぞれのチャージ方法は下記のとおりです

auかんたん決済

月々の通信料金と合算して支払いauIDを持っている方のみ

auじぶん銀行

auじぶん銀行の口座から支払い

クレジットカード

  • 1. au WALLET クレジットカード
  • 2. Mastercard®のマークが付いたクレジットカード
  • 3. VISAマークが付いたクレジットカード

※au WALLET クレジットカード、クレディセゾンが発行したカード(セゾンカード等)、UCカード、MUFGカード、DCカード、NICOSカード、TS CUBICカード、エポスカードに限る

  • 4. JCBマークが付いたクレジットカード

※クレディセゾンが発行したカード(セゾンカード等)またはTS CUBICカードに限る

  • 5. アメリカン・エキスプレスマークが付いたクレジットカード

au WALLET ポイント・auポイント

貯まったポイントを電子マネーに交換してチャージすることができます。
※WALLET ポイント1P⇒1円/auポイント1.2P⇒1円に交換
※月に合計20,000円まで

auウォレットとau PAY?

auウォレット auPAY

2019年4月よりKDDIが提供している新サービス「au PAY」があります。このau PAYとは、前述のauウォレットと何が違うのでしょうか?
まずauウォレットは必要な金額分を現金・ポイント等からチャージして使う電子マネーであり、au PAYは今世間で流通している他のスマホ決済サービスと同様に「QRコード決済」と「バーコード決済」を用いているサービスでauウォレットとは異なります。
auウォレットはVISA/MasterCardが使えるお店、au PAYはau PAYが対応しているお店と、利用できる店舗も異なってきます。

au WALLETアプリを利用していた方はお分かりかと思いますが、今現在au WALLETアプリは「au PAYアプリ」へと名称と機能の一部が変更されており、アプリ内で使い分けもできるようになっています。
またauウォレットはVISA/MasterCard仕様なので、海外でも利用できるのが強みですね。ご自身の生活に合わせて、au ウォレットと au PAYを賢く使い分けましょう。